BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 体調管理してる?動画編集者のための「最高の体調」本紹介

体調管理してる?動画編集者のための「最高の体調」本紹介

動画編集者の仕事は不規則な生活がゆえに、肩こり、眼精疲労、ストレスなど体調管理が難しいことが多々あります。

私も作業机をスタンディングデスクに変えたり、椅子を良いものに変えたりといろいろ試行錯誤しています。

今回はそんな動画編集者にとって健康につながるライフハックが詰まった「最高の体調」という本を紹介します。

はにゃ
はにゃ

人気の本なので知っている方も多いんじゃないでしょうか?

この本は「人類進化学」という学術を用いて、原始時代の生活と現代の生活を比較しながら、現代人特有の症状を分析し、原因と対策を提供しています。

以下にこの本に述べられているいくつかのポイントを紹介します。

本書によると昔は安定した食料確保ができなかったため、人間の体が自然と高カロリーを欲してしまうとのこと。

それをヒントに現代を生きる私たちが高カロリーな食べ物とどう向き合うのか?

ここ数年で明らかになっている腸内環境が、肥満や不眠などの現代人特有の体調に大きな影響を与えることを説明しています。

腸内環境を整えるために納豆・ヨーグルト・キムチ・味噌などの発酵食品

キノコ類などの食物繊維の重要性を説明しており、その摂取の方法やおすすめ食材などを示しています。

自然の触れ合いが抗うつ作用・抗ストレス作用があると記載されています。

自然音を聞いたり、映像で自然の映像を見るだけでも効果があるとのことです。

お昼ご飯を公園で食べるのが良いらしいです。

「最高の体調」では少し息が上がる程度の運動を推奨しており、その代表でウォーキングを推奨しています。

トランス脂肪酸の危険性について警告しています。

マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸は比較的新しい栄養素なので、人間の体がその処理ができずに脂肪に蓄積されるとのことです。

うつ病はここ数年で急激に増えています。

原因は複雑になった社会が将来の不安や人間関係などの問題を引き起こしているからです、「最高の体調」では抜本的な問題をまずは考え、その上での対策を述べています。

はにゃ
はにゃ

筆者はAmazonプライム会員で無料で読みました!

その他にも薬用ソープは実は科学的根拠が無いなど興味深い内容が書かれています。

「最高の体調」は動画編集者が健康を維持し、体調を改善するのに役立つ実践的なハックが詳細に記載されています。

仕事のパフォーマンス改善にも役立つ内容なので、まさに読んで損はない本です。

健康を大切にする動画編集者にぜひ読んでいただきたい書籍です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

プロフィール

中川晃平

関西を中心に約12年ほど動画クリエイターとして活動しています。

現在は大阪で動画編集スクール『どう旅』を運営しており、実践で使える動画編集テクニックを教えたり、制作した映像の添削なども行なっています。

お問い合わせはコチラまで

info@dotabis.com

カテゴリー